パタヤで息抜きしてきた

タイ移住記

いつ何時でも、
どこへでも行ける自由な身。
そんな身を堪能してみた。

友人の車に乗せられて、
パタヤ・ジョムティエンビーチと、
思いつきのラン島バカンス一泊二日を
楽しませていただきました。

夜遊びならパタヤ側一択なんですが、
子どももいてプールで遊ばせたいがために、
今回はパタヤとジョムティエンのちょうど間、
パタヤパークビーチリゾートに一泊。
一部屋1600バーツ(✖️2部屋)を前日に予約。

水曜日朝6:30バンコク発。
朝のモーターウェイを快調に飛ばして、
8:30には現地着。
さすがに、まだチェックインできんかなと思いきや、
普通にチェックインできちゃったし。
敷地内のプールは9:00開園。
部屋で着替えて向かったら丁度いいかんじ。

流れるプールと子供用プール、それにスライダーと、
それほどリッチな仕様ではないが、
1人200バーツ(ラーマーヤナとかだと1人1000バーツぐらい?)だし、
小学校低学年にはこのぐらいでも十分アドベンチャー。
(園内のご飯は高いしおいしくもなかったけど)

朝9時〜夕方5時まで、
十分に遊ばせまくりました。

夜(夕方?)からは、
ジョムティエンビーチまで行き、
近くで食べ物を調達して、
ビーチにゴザ敷いてタイ人スタイル。

食べて飲んで花火して、
子どもは地元の子?と仲良くなって走りまわってたし、
花火も買って打ち上げて、

5時間ぐらい砂浜に座ってたかも。

翌日は、
またプールでもよかったのですが、
子どもが海で遊びたいと。
パタヤやジョムティエンの海で遊ぶのもなんだかなぁと思ったので、
思いつきでラン島にでもいこか?
に、即皆乗り気。
私以外、誰も行ったことないとのことで納得。

バリファイ埠頭(ラン島息の船着場)までは、
車で5分ぐらいだし、
スピードボートで片道15分ぐらいだし、
思いつきでも半日ぐらい十分遊べる。

ということで、
たっぷり2日間、
子どもの遊び相手を請け負い、
体休めに行ったのか、体をいじめに行ったのか
よくわからない、でも息抜きにはなった2日間でした。

ちなみに子ども含めて総勢5名。
2日間でガソリン代・高速代含めて、
1万バーツもかかってません。
1日あたり1人1000バーツ未満。

タイトルとURLをコピーしました